立花さや タブーハウス ~立花さやがベッドに入ってきた~

ゆっくりと眠りたい休日にちっちゃな立花さやちゃんがベッドに入ってきた。

「おきて」と言われても休日なんだからそう簡単に起きるわけにはいかない。

そしてこのまま狸寝入りを決め込めばさやちゃんが何をしてくるかわかっている。

かまって欲しいオーラ全開の唇が重なり発射されたヨダレ爆撃を口で受け止めた。

さやちゃんの可愛らしい目論見通りにすっかり体もチンコも目覚めさせられ、

タブーハウスの朝はチンコとマンコをジュルジュル啜り合う音で始まる。

立花さや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ